湘南美容外科でヒゲ脱毛に挑戦!湘南美容外科を選んだ理由

オトコの根こそぎレーザー脱毛

はじめまして!

管理人の「よっち」ともうします。

私は小さい頃からヒゲが濃い体質で、そのことにコンプレックスを抱えてきました。

小学生の高学年の頃にヒゲが生えるようになり、年を重ねるごとにヒゲが濃くなりました。

ヒゲが濃い体質のため、毎日剃っても青ヒゲが残ってしまい他人から見れば剃っていないように見えます。

毎晩剃っているにも関わらず、翌日の夕方にはヒゲが生え始めていました。

学生時代であれば友人からのいじりの対象になる程度で済む事ですが、社会人になればいじりだけでは済みません。

大学を卒業後、銀行員として勤めるようになってからヒゲに悩まされる事になりました。

銀行員は「ヒゲ」「坊主」「長髪」が認められません。

当然、毎日剃っている私も槍玉に挙げられる事になります。

配属された店では支店長から「お前、ヒゲ剃ってるんか?」と言われる事は当たり前。

挙げ句の果てには「あいつのヒゲ伸びてきたからお前ら残業切り上げて帰れよぉ」と笑いものにされたこともありました。

パワハラですけどね。。。笑

銀行を退職し、転職した事をキッカケにヒゲ脱毛を決意する事にしました。

どれくらいヒゲが濃いのか?

私がどれくらいヒゲが濃いのか、お見せする事にします。

この体験談をご覧になっているのは男性の方だと思いますので共感して頂けるかと思います。

まずは正面から見た「鼻下」「あご下」のエリアをご覧頂きます。

IMG_5103-min

これは仕事終わりの6時ごろに撮影したものです。

前日の夜、入浴時に剃ってから1日経過した状態でこのレベルに達しています。

遠くから見れば剃っていない人だと思われてしまいそうですよね?

次にあごのしたのエリアをご覧頂きます。

私はこの部分が「剃り負け」し、赤みが出てしまう事もコンプレックスの1つとして抱えていました。

IMG_5098-min IMG_5099-min IMG_5100-min

1枚目、2枚目は同じ角度から撮影しています。

毛穴が剃り負けしていて、赤くなっている事が見て頂けると思います。

また3枚目では無数の毛穴が見て分かると思います。

この無数のヒゲ達が脱毛によって無くなる事を期待しています。。。

最後に正面から見たあご下です。

IMG_5101-min

広い範囲にヒゲが生えている事が分かると思います。

これだけのヒゲが生えている人の脱毛体験記はなかなか無いと思います。

私の体験記は本当の事のみ書きます。

ヒゲ脱毛のおすすめサイトに見られるようないい事ばかり書くつもりはありません。

ヒゲ脱毛のリアルをあなたにお伝えして、決意を持って臨んで欲しいと思っています。

湘南美容外科を選んだ理由

数あるヒゲ脱毛を行う事が出来るサロンや病院の中で私が選択したのは「湘南美容外科」です。

ヒゲ脱毛には大きく分けて2つの種類があります。

1.エステやサロンなど医療行為ではない脱毛

弱い光を使った「光脱毛」や低出力のレーザーを利用した「レーザー脱毛」などが挙げられます。

これらは痛みが少なく、気軽に利用出来ますが効果は少ない事が知られています。

何度もなんども通っているうちに気づけば総額で百万円を超えて支払っていたというケースもあります。

また医療行為ではないため、医師が必要無い事でも知られています。

2.医療行為のレーザー脱毛

こちらは高出力のレーザー機を使って脱毛を行います。

とても痛みが強く、男性でも涙する人がいます。私の体験記は別記事でご紹介します。

また医師が常駐し、肌の状態を見てから施術が行われます。

レーザー照射を行うのは資格を持った看護師です。

医療行為として脱毛を行うのが特長です。

私が選択したのは「医療レーザー脱毛」です。

その中で、ゴリラ脱毛と湘南美容外科で迷いました。

私は兵庫県神戸市という地方都市に住んでいます。近くには大阪があり多くの医療レーザー脱毛を行う医院があります。

しかし、私は神戸に支店がある湘南美容外科を選択しました。

予約が取りにくいなど都市伝説を多く聞いていたため、仕事終わりの平日でも通える神戸医院が湘南美容外科を選択したのです。

現代の技術において、それぞれ最新の機器を導入しているため医療レーザー脱毛で効き目に差はないと考えます。

そうなると気軽に通える近所に医院がある所を選ぶべきだと言えます。

私の体験記を読み、ヒゲ脱毛を決意した場合は全国に医院がある湘南美容外科をお勧めします。

次回はカウンセリングについてご紹介します!

湘南美容外科『ヒゲ脱毛』のお申し込みはこちら

オトコの根こそぎレーザー脱毛