【項目別】ヒゲ脱毛のレーザー照射後に徹底したいアフターケアまとめ

オトコの根こそぎレーザー脱毛

ヒゲ脱毛でレーザー照射を行ったあとは、様々なアフターケアが欠かせません。

アフターケアをおろそかにしてしまうと、どうなるか?気になる方は次の記事をご覧ください。

レーザー脱毛後の数日間で患部にどうなる?副作用の毛嚢炎をお見せします!

2016年4月11日

実際に私が毛嚢炎だらけになり、辛い想いをしたからこそアフターケアの大切さを伝えたいと思います。

これからヒゲ脱毛に取り組もうと考えているのであれば、必ず最後までご覧ください。

アフターケアが必要な理由

まず、ヒゲ脱毛でレーザー照射を受けた後にアフターケアが必要な理由を簡単にまとめておきましょう。

簡潔に言えば「あなたの肌がボロボロになっている」からです。

レーザー脱毛で使用される「アレキサンドライト」に代表されるレーザー照射機は医療行為として認められるほどの威力があります。

毛根に届くようにレーザーを照射しているため、正面のお肌は考えられないほどのダメージを受けています。

レーザーによってダメージを受けた状態を放置してしまうと、毛嚢炎(ニキビ)などの副作用反応が大きく出てしまうのです。

こういった副反応を最小限にするためにも、アフターケアが欠かせません。

【項目別】アフターケアまとめ

ここからは項目別にアフターケアで気をつけるべきポイントをご紹介していきます。

レーザー照射を受けた当日だけ注意するものもあれば、脱毛後2週間程度の期間で気をつけることもあるので、それぞれ確認しておいてください。

1:シャワー

  • 期間:レーザー照射後の当日から

1日の終わりにはシャワーを浴びますよね。

レーザー照射後であってもシャワーを浴びることはできます。

ただし、高温のシャワーを長時間浴びることは肌が熱を保つため、回避することが賢明と言えます。

また、ボディーソープで「クール系」のものを使用している場合も、メンソールが多く含まれていることから、レーザーを受けた患部への使用は控えることをおすすめします。

2:入浴

  • 期間:レーザー照射後の当日は控える

脱毛を受けた当日は入浴を避けることが賢明です。

入浴することで体全体の体温が上昇し、肌の炎症を引き起こす可能性が高くなります。

当日はシャワーを浴びる程度で我慢しておくことをおすすめします。

3:クーリング(アイシング)

脱毛の当日は赤みや熱を持つことがあります。

その際は「冷えたタオル」で患部を冷やすようにしましょう。

くれぐれも、保冷剤などを直接患部にあてることがないよう注意してください。

4:紫外線(UV)ケア

  • 期間:ヒゲ脱毛中は全期間

ヒゲ脱毛を始めると、日焼けに注意をしなければなりません。

肌が日焼けしているとレーザー脱毛を受けることができないからです。。。

夏や冬に関わらず、外で1時間以上、太陽を浴びる場合は日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を行うようにしましょう。

5:保湿・スキンケア

レーザー照射を受けた直後は冒頭でも触れた通り、肌の水分量が減り、ボロボロになっています。

シャワーを浴びた後はしっかりと化粧水で栄養を与え、保湿クリームで保湿を行いましょう。

男性にとって「化粧水」とか「保湿クリーム」は無縁だ!と言う人も多いと思いますw

ヒゲ脱毛をきっかけに、しっかりとスキンケアをすることで、脱毛効果を高める効果も期待でき、見た目年齢を若返らせることもできるので、一石二鳥とですよ!

6:皮膚のマッサージ

顔だけでなく、マッサージを日頃からよく受ける人にとっては脱毛後は注意が必要となります。

レーザー照射を受けた患部については、照射後2週間はマッサージを控えましょう。

マッサージによって色素沈着の副作用が出るリスクがあります。

7:運動・ジム

レーザー照射後、とくに当日は激しい運動(ジムでの運動を含む)は避けるようにしましょう。

また、サウナや飲酒など、体全体の血行が良くなることは避ける方が賢明です。

血行が良くなることで、肌の炎症が長引いてしまう、または悪化してしまうリスクがあります。

レーザー照射後に気になることがあった時は

ヒゲ脱毛でレーザーを受けた後に、ひどい毛嚢炎や赤みなどが出た場合の対処法を最後にご紹介します。

毛嚢炎などの副作用は照射後翌日から1週間程度の期間に見られる可能性が高くなります。

患部に気になることがあれば、遠慮することなくレーザー照射を受けた医院へ電話し、受診することをおすすめします。

医師による診察を受けた後、適切な処方箋を出してもらうことができます。

医院が近くにない場合は、最寄りの皮膚科でも大丈夫でしょう。

さいごに

今回はヒゲ脱毛でレーザー照射を受けた後のアフターケアについてご紹介しました。

アフターケアは副作用を抑制するためにも重要です。

一度覚えてしまえば、毎回確認する必要はありませんので、各種のアフターケアを覚えておくことをおすすめします。

正しいやり方で最大の効果を得られるよう、準備とケアを日々行っていきましょう。

湘南美容外科『ヒゲ脱毛』のお申し込みはこちら

オトコの根こそぎレーザー脱毛