【1回目】初めてのヒゲ脱毛でレーザーが痛すぎて泣いた体験談

オトコの根こそぎレーザー脱毛

前回は湘南美容外科へ初来院し、カウンセリングを受けました。

湘南美容外科ヒゲ脱毛で初カウンセリング!契約内容まとめ

2016年3月6日

カウンセリングを受けた結果、初めて知った事実が1回のレーザー照射で脱毛が完了するのはヒゲ全体の1割程度との事でした。

当初は6回コースを予定していました。

しかし。

説明を受ける過程で私が過去経験してきたヒゲに対するコンプレックスを解決出来るのであれば、料金は問題にならないと思うようになりました。

必要になる費用よりも、コンプレックスを克服して得られる未来が大切だと感じるようになったのです。

その結果、契約したのは4年間レーザー脱毛を打ち放題のコースを選択しました。

カウンセリングしてくれた可愛いお姉さんも喜んでくれたので一石二鳥!でした笑。

カウンセリングから1週間経過して、初めてのレーザー脱毛のために来院してきました。

今回は、初めてのレーザー照射に関する感想をご紹介したいと思います。

土曜日午前に来院すると男性ばかり

初めての来院で訪れたのは土曜日の午前中となりました。

待合室に入ると、前回の来院時と打って変わって男性が数名座っているだけでした。

時間帯によってはヒゲ脱毛に挑戦している男性が待合室に多く居る事もあるんだとここで初めて知りました。

湘南美容外科が多くの男性に支持されている結果でもありますね。

受付でメンバーズカードを提示して個人ファイルに診察表と番号を入れられます。

番号が呼ばれるまで待合室でただただ待つのみです。

前回もご紹介しましたが、医院内では番号で呼ばれます。

個人情報を保護するためですね。

番号が呼ばれ、奥の処置室へ移動しました。

レーザー脱毛は日焼け厳禁

初めてのレーザー照射とあってかなり緊張していました。

担当してくれたのはスレンダーな美人系看護師さん。

初めての治療のため丁寧に注意事項の説明や治療中の痛みについて解説がありました。

男性には辛い部分と感じる事が「日焼け厳禁」です。

私が契約した「アレキサンドライト」というレーザー照射機は日焼けが厳禁となっています。

一方で更に高額な費用を支払うと「メディオスター」という最新の機械を使用することが出来ます。

こちらは日焼けしていてもレーザー照射が行えるだけでなく痛みが少ない事が魅力となっています。

但し、かなり高額になってしまうので私は回避しました。

痛みが嫌だというあなたはメディオスターの利用も検討してみて下さい。

医師の確認を得て治療へ

説明が終了すると、神戸院に在籍している医師免許を持った先生によるカウンセリングを受けます。

初回のみ、治療前に医師の診察が必要になります。

医師からは肌の状態を目視で確認して、いくつか質問を受けることになります。

初治療時点で日焼けをしていると、治療が見送りになる場合もあるので注意が必要になります。

処置室の環境をご紹介

次にレーザー照射を行った治療についてご紹介します。

それでは、まず処置室について見ていただきましょう。

IMG_5111-min

こちらが処置室の台となります。

1人分が寝転がれる台に寝転がって、顔を看護師さんに向けて治療に臨みます。

この台が上下に可動するので、あなたは寝ているだけです。

治療中は目の部分に光が当たらないように目隠しをされることになります。

何も見えないので少し恐怖感が増しますので注意してください。

次にレーザーを照射する「アレキサンドライト」をご紹介します。

IMG_5110-min

こちらがレーザー照射機になります。

意外に大きくてびっくりしますよね?

ここからショットガンのような機械を持って、小さな円形の射出砲を肌に当てていきます。

レーザー脱毛中は痛みで地獄の連続

レーザー脱毛の治療についてご紹介します。

1回の照射で効き目があるのはだいたい直径0.5センチ〜1センチ程度の円形だと思います。

少しずつ、ずらしながら照射を行ってきます。

レーザーは黒いものに反応する仕組みとなっています。ヒゲが濃い男性ほど痛みが強くなるのです。

レーザー照射を行うと「バチッィィ」という音が響きます。

黒い毛根を焼く音です。

レーザーの照射と同時に肌を冷やすために冷却ガスが強い勢いで照射されます。

眼科の検査で目に風が当たるような感覚です。

他のサイトではゴムで肌を弾かれるような痛みだと解説しているところがありますが、現実はもっと痛いです。

男性はヒゲが濃いため、かなり強い痛みがあなたの肌を襲います。

初回は慣れていない事もあって、脂汗を全身にかきます。

看護師さんいわく涙を流すお客さんもいるそうです。

痛みを表現するとすれば、レーザー照射の瞬間に「剣山で患部を刺されている」感覚です。

照射時に響くバチッィィという音と同時に痛みが肌に走ります。

休憩しながら行わないと、身体が持ちません笑。

看護師さんは苦笑しつつ、雑談を織り交ぜて顔の下半分全体にレーザー照射を行っていきます。

特に毛穴の多いあご下のエリアが地獄でした。

なんとか全部を打ち終えると看護師さんも安堵の声を漏らしました笑。相当僕が痛がっていたのだと思います。

治療後の流れについて

治療後は肌が荒れてしまうので、保湿クリームと鎮静のクリームを塗ってもらいます。

更に、アイスノンで患部を冷やします。

この患部を冷やす行為はとても大切です。

レーザー脱毛を行った後は出来るだけ予定を入れずに一旦帰宅して充分に患部を冷やすことをおすすめします。

理由は次の記事でご紹介しますが、毛嚢炎という炎症が毛穴に発生します。

この炎症を起こさないようにするためにも、患部を冷やす段階を大切にしてください。

治療が終了すれば、受付で次の予約を取って終了になります。

ヒゲ脱毛は当初3回までは一ヶ月置きに、4回目からは二ヶ月置きに治療を行う事が出来ます。

間を置かないといけないので、その間に日焼けをしないように日焼け止めを塗ることを習慣化するなど大変な部分もありますが濃いヒゲというコンプレックスを解消するために最後まで頑張りましょう。

次は治療後の起きた副作用である、毛嚢炎についてご紹介します。

レーザー脱毛後の数日間で患部にどうなる?副作用の毛嚢炎をお見せします!

2016年4月11日

湘南美容外科『ヒゲ脱毛』のお申し込みはこちら

オトコの根こそぎレーザー脱毛